感染した場合|犬や猫のために知っておきたいフィラリア予防薬|豊富な薬の種類

犬や猫のために知っておきたいフィラリア予防薬|豊富な薬の種類

数種類の薬

感染した場合

色んな薬

フィラリア予防薬を与えていることで、恐ろしい病気も防ぐことができます。
しかも、月に1回の投与で良いですし、どんなフィラリア予防薬も副作用がありません。そのため、安心して与えることができます。
よって、動物病院で正しい検査や診察を受け、用法用量を守ってフィラリア予防薬を与えましょう。

しかし、万が一フィラリアに感染してしまったら…どうすればよいのでしょうか?
もしも検査で感染していることがわかれば、今後の治療方針を決めていくこととなります。フィラリア駆除剤というお薬を使用する方法がありますが、駆除剤を服用してすぐにフィラリアを完全に死滅させることはできません。体内から完全にフィラリアがいなくなるまでには数年かかると言われていますので、治療期間は長くなります。
また、フィラリアの感染が進行しているという場合、駆除剤では間に合いませんので手術を行ないます。しかし、手術をするとなればペットの体に負担をかけることとなりますし、ペットが高齢や体力がないという場合には手術はできません。
フィラリアに感染してしまった場合でも、こうした方法で治療は可能です。ただし、ペットも飼い主も負担がかかりますし、費用も高くなります。よって、こうならないためにも日頃の予防が大切です。

犬や猫のフィラリア予防というのは基本的に薬を飲むという方法しかありません。唯一の予防方法ですから、しっかりと定期的に予防しましょう。
ちなみに、フィラリアに感染していることに気づかず予防薬を与えているとどうなるのか?感染の度合いにもよりますが、場合によってはアレルギー症状を起こして健康状態を悪化させてしまいます。
こうしたことにならないためにも、毎年フィラリア予防をする時期に検査を受けましょう。