恐ろしさを知ろう|犬や猫のために知っておきたいフィラリア予防薬|豊富な薬の種類

犬や猫のために知っておきたいフィラリア予防薬|豊富な薬の種類

数種類の薬

恐ろしさを知ろう

白い薬

犬や猫を飼うとなれば、フィラリア予防をする必要があります。
フィラリアというと犬しか感染しないと思われていますが、猫にも感染する恐れがあります。よって、犬でも猫でもしっかりと予防をしなければなりません。
フィラリア予防薬には内服薬や外用薬などがあります。また、内服薬にも錠剤、顆粒、チュアブル、ゼリーなどの種類がありますので、色々な薬の種類の中から好きなものを選べます。形状は異なっても得られる効果はどれも同じなので、ペットに合わせて選びましょう。

また、フィラリア予防薬は1ヶ月に1回の投与でOKです。1ヶ月に1回ということでとても便利ですが、間隔が空いてしまいますので忘れてしまう場合があります。ただ、1回でも忘れてしまえばフィラリアに感染するリスクが高くなりますので、気を付けなければなりません。
薬の投与を忘れるということは、それだけフィラリアの危険性が分かっていないということでもあります。よって、今後薬の投与を忘れないためにもフィラリアの危険性を知っておきましょう。

フィラリアに感染してしまうと、心臓や肺などに寄生します。最初は幼虫でもどんどんと成長を続け、やがて卵を産み付けます。そして、幼虫が大量に生まれ、成長を続ける…ということとなります。犬や猫の体内で成長を続けると同時に、犬や猫の体は蝕まれていきます。
フィラリアに感染したとしても潜伏期間が長く、初期の段階では感染に気づきません。しかし、徐々に犬や猫の食欲がなくなり、散歩をしたがらない、血尿がでる、腹水がたまるなどの症状が現れます。そして、最終的には命を奪ってしまいます。

いかがでしょうか?これだけ効いてもまだ、フィラリア予防薬の投与を忘れますか?